top of page
  • 執筆者の写真KOKETABI

2024年台北のホテル選びのコツ:地元の人おすすめ !

更新日:5月31日

情報の爆発から解放され、適切なホテルを手軽に予約するには、この記事を見れば十分です。



一日外出した後、快適なホテルでリラックスしたいですよね。適切なホテルを選ぶことは非常に重要です。特に今は、台北の多くのホテルが新型コロナウイルスの影響で閉鎖したり、改装したりしている中で、日本のホテルチェーンも台湾市場に進出し、初めての海外店を開いています。過去の情報と現在の情報は全く異なります!


この記事では、台北のホテルを選ぶための完全なガイドを提供し、あなたの滞在がスムーズで快適になるようにします。


内容


 

 

 

 



1 ホテル選びのプロセス



1.1 日本人がホテルを選ぶ際の重要な基準


一般的に、ホテルを選ぶ際、それぞれ好みがあります。例えば、グループ客の少なさ、おしゃれさ、または温泉が必要など、調査によると、日本人がホテルを選ぶ際に重視する基準は、1〜6位がそれぞれ宿泊料金、清潔さ、設備(バスタブ、客室内Wi-Fi、客室内冷蔵庫)、交通、部屋のタイプ、評判となっています。


日本人がホテルを選ぶ際の重要な基準

1

宿泊料金

2

清潔さ

3

設備(バスタブ、客室内Wi-Fi、客室内冷蔵庫)

4

交通

5

部屋のタイプ

6

評判


1.2 動的な価格の秘密


ホテルの宿泊料金や航空券の価格は、フローティング価格のビジネスモデルを採用しており、時間が迫るにつれて需要が高まると通常は価格も上昇します。ここでは、MGH三井ガーデンホテル3/7(木)の時点を例にして実験しています。 3/14から3/30の週末は、通常の平日料金の約3倍になっており、4/4から4/6にかけてようやく週末の通常価格に戻ります。また、GWの繁忙期は、2ヶ月前から価格が上昇し始める傾向があります。

日付

1日分の宿泊料金 (元)

1日分の宿泊料金 (円)

3/7 (木)

NTD 5,200

20,800 円

3/14(木) ~ 3/16(土)

NTD13,000- 15,000

52,000~ 60,000円

3/21(木) ~ 3/23(土)

NTD13,000- 15,000

52,000~ 60,000円

3/29(金) ~ 3/30(土)

NTD13,000- 15,000

52,000~ 60,000円

4/4(木) ~ 4/6(土)

NTD 6,600- 7,600 (通常価格)

26,400~ 30,400円

4/29~5/5 GW

NTD 6,600- 8,100

26,400~ 32,400円

◎日本円:台湾元(1:0.25)で計算しています。





1.3 ホテルを予約するタイミングはいつが良いんだろう


以上の実証結果を総合すると、1泊の価格差は約4万円に達することがあります。以下の時間に予約を進めることができれば、動的価格の緊急な影響を回避することができます。

GW/祝日

2〜3ヶ月前

一般週末

1ヶ月前

平日

1週間前



2 交通アクセス




2.1 立地の重要性


ホテルを選ぶ際に、その地理的位置を考慮することが非常に重要です。計画している観光スポットやショッピングエリアに近いホテルを選ぶことは、移動時間とコストを節約するのに役立ちます。


台北市の公共交通機関と交通ネットワークは発達しており、各観光スポットまでの距離は1時間以内です。これは、台北を宿泊先として選ぶ最大の理由でもあります。したがって、ホテルの近くに地下鉄駅やタクシースタンドなどの便利な交通手段があることを確認してください。



2.2 地元の人のホテルのおすすめエリア


おすすめエリア:松江南京駅周辺、中山駅周辺、忠孝新生駅、西門駅


台北には日本人の集まる地域が主に2つあります。それぞれが松江南京駅と中山駅です。松江南京エリアは日本の企業の中心地であり、南京東路には数百の日本企業があり、出張や駐在員としての日本人がよく見られます。


もう一つのエリアは中山駅で、松江南京駅とは異なり、中山駅の日本企業は若い世代、女性、ファッション関連の産業に特化しています。これらのエリアはどちらも一級のビジネス地区であり、通常、宿泊料金は高めです。これらの地域から3つの地下鉄駅以内に滞在することをお勧めします。


3 予算




3.1 3つの予算範囲


台北の宿泊料金は大まかに3つの範囲に分かれます。それぞれが、中低価格帯、中高価格帯、高価格帯です。一般的な平均価格帯はNTD 3,000〜5,000くらいで、好みに合わせて選ぶことができます。



3.2 日本と同様チップの文化がない

欧米のホテルと異なり、台湾や日本ではチップの文化はありません。



4 客室設備



4.1 浴槽/ウォシュレット/Wi-Fi/冷蔵庫


どんなホテルが「良いホテル」かは、利用者の目的や好みによって異なります。ただし、ほとんどの場合、浴槽、ウォシュレットトイレ、部屋内Wi-Fi、部屋内冷蔵庫は、日本人旅行者が最も重視する3つの施設です。多くのビジネスホテルは地理的な制約やスペースの問題から、浴槽やウォシュレットトイレが備わっていない場合があります。それらを重視する旅行者は、直接日系ホテルを選択することができます(以下にリストを示します)。台湾系ホテルは価格によって異なります。


また、部屋内Wi-Fiに関しては、多くのホテルがWi-Fiを提供していますが、制限がある場合があります。Wi-Fiを重視する場合は、予約時に注意してください。部屋内冷蔵庫は、台湾のほとんどのホテルで提供されているため、心配する必要はありません。



4.2 1坪=?帖


台湾でよく使われる室内面積の単位は「坪」です。部屋の広さを考慮する際に、坪を帖に換算してみてください。1坪はおおよそ2帖に相当します。


5 厳選したホテル



5.1 日系ホテル

 

2020年8月にオープンした三井ガーデンホテルの海外初の支店です。忠孝新生駅から徒歩約30秒の距離に位置し、台湾の特色と日本の品質を融合したホテルコンセプトで、台湾のデザインと日本式のおもてなしを組み合わせて、旅行者の感覚と安心感を満たします。


西鉄ホテルグループが初めて台湾に進出!2023年8月に新オープンし、最初の拠点は台北西門町にあります。日本のブティック感覚を継承し、台北の都会的な雰囲気と相まって、独自のスタイリッシュな日本式モダンホテルを演出します。西門駅から徒歩約4分の距離に位置し、台北駅までは徒歩約10分です。


2021年夏に開業した「JR東日本大飯店台北」は、南京復興駅に位置し、非常に便利な交通の拠点です。JR東日本大飯店の初の海外支店で、「JR東日本大飯店台北」(Hotel Metropolitan Premier Taipei)は、新しい高級ブランド「ホテルメトロポリタン」シリーズの一部です。ロビーに入ると、台北支店のために特別に調製された「A Walk in the woods」という香水の香りが漂います。この香水にはジャスミン、レモン、ベルガモットの木の香りが含まれており、ロビーの木の色調と調和して、ホテルに入った瞬間にリラックスした雰囲気を感じることができます。


日本の相鉄グループが運営する「相鉄GRAND FRESA 台北西門」は、2024年2月2日にオープンしました。台北西門町に位置し、相鉄Grand Fresaブランドの海外2番目のホテルであり、台湾初のホテルです。西門駅から徒歩わずか1分の距離にあり、快適な雰囲気のロビーを備え、セルフチェックイン・アウトシステム、セルフロッカー、自動販売機、洗濯エリア、電子レンジなどの設備が充実しています。


日本の大倉ホテルグループのPrestigeシリーズの超高級ホテル「大倉久和 台北」は、ミシュランガイドの宿泊推薦を3年連続で受賞しています。中山駅から徒歩わずか2分の距離に位置し、台北駅からも1駅の距離で非常に便利です。日本式の心遣いと細やかなサービスを提供し、ヨーロッパの古典的な要素やクリスタルシャンデリアなどがロビーに配置され、高級なビジネスホテルの雰囲気を演出しています。


2021年にオープンした格拉斯麗ホテルグループの2番目の海外拠点です。忠孝新生駅から徒歩わずか1分の距離に位置し、日本のシンプルなスタイルで知られています。客室には、浴室とトイレを不透明の仕切りで分け、プライバシーと快適さを両立させています。浴槽が備わっており、入浴を楽しむことができます。また、浴槽で入浴剤やウォシュレットトイレ、空気清浄機などが提供され、日本の快適な環境を思わせます。



5.2 台系ホテル (日本語対応)

 

台湾を代表する書店である誠品書店が運営する「誠品行旅」は、台北の国父紀念館駅に位置しています。1937年に始まった日本式のタバコ工場を改装した建物で、伊東豊雄の作品が機能とデザインを融合させるのに役立っています。「誠品行旅」では、赤煉瓦の壁や石畳の床など、台湾の要素を取り入れており、ロビーには台湾のアーティストによる選りすぐりの品々が並びます。ライブラリーには5,000冊以上の本があり、アートギャラリーのような雰囲気を楽しむことができます。


台北南西の老爺会館は、中山駅に位置しており、多くの百貨店や人気のあるレストラン(例:鼎泰豐、米朗琪咖啡)などと隣接しています。また、南西商圏周辺には台北の観光名所がたくさんあり、活気あふれるエリアで多様な文化が楽しめます。


美侖商旅は、台湾の老舗ホテルグループである美侖ホテルグループの新ブランドであり、松江南京駅に位置しています。来台しての商談や出張でご利用いただいている国際旅行者やビジネス客が中心です。JR東日本大飯店台北は、台湾の特色を取り入れた快適な環境を提供しています。建物は新しく、清水モール建築法を採用し、周囲の建築物に溶け込む低層階建ての建物です。


Dandy Hotel天津店は、自然なスタイルとファッション感覚を追求しています。全面改装されたダンディホテルでは、50年代の独特なバルコニーから当時の台北の建築デザインをご覧いただけます。デザインチームの精心な手により、白色でヨーロッパ風の外観が特徴で、よく写真を撮りに立ち寄る人々を引き付けます。


タンゴホテル南西館は、現代的な雰囲気が漂うホテルで、中山駅から徒歩1分の距離に位置しています。都心機能が充実しており、東京のような利便性を提供しています。タンゴホテルは、「心を込めて堅持し、楽しく革新する」というコンセプトを掲げており、個性的な雰囲気の中で、予想を超える素晴らしい体験を提供します。


丰居旅店雙連館は、旅行や宿泊において中山地区を検討する選択肢の1つです。地下鉄の雙連駅に位置し、工業風のLOFTスタイルで装飾されています。お得で快適で便利な施設を提供しており、中山地区の人気スポットにも近いため、若い世代に適しています。


6 ホテル予約サイトおすすめ



Jalan.net  (日本)

一休.com  (日本)

エアトリ  (日本)

Hotels.com (アメリカ合衆国)



ホテル選びは慎重に考える必要があります。これは旅行中の安心感だけでなく、旅の思い出全体にも関わるからです。しかし、上記のガイドラインに従えば、ニーズに合った、便利な立地、リーズナブルな価格の理想的な宿泊施設を見つけることができます。本当に心配なら、日系ホテルを選べば問題ありません。ホテル以外の問題はKOKETABIに相談すれば大丈夫です。



Comments


bottom of page