top of page
  • 執筆者の写真KOKETABI

海外旅行で地震に遭遇した時、知らない場所や言葉が通じない状況でも安全に生き残る方法

地震は突然やってくる自然災害です。日本と台湾は同じ環太平洋地震帯に位置しています。地震の発生については、日本や台湾の国民にとっては日常的なことかもしれませんが、旅行者にとっては特に異国で言葉も通じない状況での危険度が高まる可能性があります。ですから、旅行中に地震に遭遇した際の対処法を知ることは非常に重要です。





内容





旅行前の準備



パスポートを撮影し、クラウドに保存するか、コピーを持参すること

このようにすることで、スマートフォンが故障したり、パスポートを紛失したりしても、他のデバイスでアカウントとパスワードを使用して身元を確認できます。






地震が発生した場合の対応策




地震が発生した場合、まず自身の安全を確保し、DCHアクションを取ることが重要です。

DCHとは、次のような行動です。


D(姿勢を低く):低い姿勢を保ち、近くの建物の梁や頑丈な家具に近づく。

C(頭・体を守り):手や物で頭部と体を保護し、負傷のリスクを減らす。

H(動かない):揺れの中で相対的に安定した位置を保ち、地震が止むのを待つ。


Q:地震が発生した場合、逃げるべきですか、それとも避難すべきですか?

A:まず、安全な場所で避難し、その後、避難するかどうかを考える必要があります。




地震後の対応




速やかに日本台湾交流協会に連絡して、災害後の状況を報告し、フライトが影響を受けているかどうかを確認します。また、KOKETABIの緊急サポートサービスを利用して、宿泊施設の確認や予約を行うこともできます。






避難情報の入手



KOKETABIの公式LINE通知やインターネットニュースなどの経路を通じて、最新の避難情報を入手し、適切な対応を行います。



海外旅行中に地震が発生した場合、避難方法を把握することが生存にとって非常に重要です。KOKETABIの緊急サポートサービスは、事前の準備と対処策を通じて、旅行中の不安定な状況を最小限に抑え、自分自身や他人の安全を最大限に保護します。

Comments


bottom of page